USオープン 2019/7/12(各種目準々決勝)の結果 バドミントン

HSBC BWF World Tour Super 300

本日は各種目準々決勝が行われました!

〇日本人選手の結果

WS 準々決勝

〇峰 歩美 12-21 ●Sim Yu Jin(韓国)
21-18
21-11

WSでは峰選手(世界ランク42位)と韓国のSim選手(同57位)が激突。1ゲーム目は中盤までは競るものの、9-9から一気に引き離され12-21で落とします。2ゲーム目も劣勢でゲームが進みます。13-18から峰選手がギアを上げ、8連続得点し21-18で奪い返します。この勢いはファイナルゲームまで続き、序盤6-0と14連続得点!さらに徐々に点差を引き離し21-11と勝利しました。

MD準々決勝

●金子 真大・久保田 友之祐 13-21 〇Lee Yang・Wang Chi-Lin(台湾)
11-21
〇岡村 洋輝・小野寺 雅之 15-21 ●Ben Lane・Sean Vendy(イングランド)
21-15
21-16

MDでは金子・久保田ペアが第2シードのLEE・Wangペアと対決。2ゲーム共に序盤から大きく引き離され力の差を見せつけられました。岡村・小野寺ペアはイングランドのBen・Seanペアと対決。以前の成績は1勝0敗(2018年のジャパンオープンでファイナル勝ち)でしたが、今回もほとんど同じ展開で勝利しました。

〇志田 千陽・松山 奈未(シダマツペア) 21-16 ●Chang Ye Na・Kim Hye Rin
21-15

WDではシダマツペアが第5シードのChang・Kimペアと対戦。先週のカナダオープンでは準優勝している強豪ですが、2ゲーム共に中盤以降相手を引き離し、ストレートで勝利しました!

〇注目の試合結果

WS

〇Kim Ga Eun(韓国) 21-11 ●An Se Young(韓国)
21-14

東京五輪レース始まって以来、絶好調で勝ちを重ねていた第5シードのAn選手ですが、第3シードのKim選手相手に一方的な試合展開となり敗退しました。

MD

Lee Yong Dae・Yoo Yeon Seong(韓国) 12-21 Lee Jhe-Huei・Yang Po-Hsuan(台湾)
21-19
21-17

昨日、BOE・PETERSENペアを倒したLee・Yooペアが、Lee・Yangペアに1時間16分のファイナルゲームの激戦の末勝利しました。レベルが高いラリーが多く、真似はできないものの参考になるプレイが多くあると思います!

〇試合の動画

Court1

動画の15:00頃から峰 歩美 選手 VS Sim Yu Jin 選手の試合が始まります。

Court2

動画の最初が、2ゲーム目の途中からですが、金子・久保田ペアの試合、動画の2:00:00頃からシダマツペアの試合が始まります。