中国オープン 2019/9/20(各種目準々決勝)の結果 バドミントン

2019-09-23

VICTOR CHINA Open 2019

HSBC BWF World Tour Super 1000

本日は各種目の準々決勝の試合が行われました。

VICTOR CHINA Open 2019(中国オープン2019)の日程

〇この動画は、お住まいの国では公開されていません。と表示されてしまう場合
以下のサイトを参照ください。解決方法が記されています。
YouTubeの地域制限を回避する方法!ブロック解除して動画をみる

日本人選手の試合結果

MS

桃田 賢斗[1] vs 常山 幹太

〇桃田 賢斗[1] 21-11 ●常山 幹太
21-8

桃田選手(世界ランク1位)は常山選手(世界ランク17位)と日本人対決。桃田選手が世界ランク1位の実力を見せつけ圧倒的な差を付けストレートで勝利しました。

WS

髙橋 沙也加 vs Ratchanok INTANON(タイ)

〇髙橋 沙也加 14-21 ●Ratchanok INTANON(タイ)
21-14
22-20

高橋選手(世界ランク16位)はタイのエースシングルスのインタノン選手(世界ランク6位)と対戦。1, 2ゲーム目は両者取り合いになりました。勝負を決めるファイナルゲーム。2ゲーム目に体力を温存していたインタノン選手が12-4と序盤から大差を付けリードしました。勝負あったかと思いましたが、ここから高橋選手が喰らい付き6連続得点もあり16-14と逆転!追いつかれることもありましたが、最後は逃げ切り22-20で勝利!ポイントの高い中国オープンでベスト4入りを果たしました!

MD

園田・嘉村[4] vs ALFIAN・ARDIANTO(インドネシア)[7]

●園田 啓悟・嘉村 健士【ソノカム】[4] 21-23 〇Fajar ALFIAN・Muhammad Rian ARDIANTO(インドネシア)[7]
20-22

ソノカム(世界ランク4位)はアルアル(世界ランク7位)と対戦。過去の戦績は5勝3敗と勝ち越している相手です。
2ゲーム通して最大3点差しか差が広がらない一進一退の互角の勝負!2ゲーム共にデュースまでもつれ込みますが、デュースの勝負所で点数を取れず、ストレートで敗退しました。

遠藤・渡辺[5] vs AHSAN・SETIAWAN(インドネシア)[2]

遠藤 大由・渡辺 勇大【ワタエン】[5] 15-21 〇Mohammad AHSAN・Hendra SETIAWAN(インドネシア)[2]
12-21

ワタエン(世界ランク5位)はAHSAN・SETIAWAN(世界ランク2位)と対戦。AHSANの強力なスマッシュ。SETIAWANの緩急漬けた前衛の処理に得意のレシーブで処理しきれず決め切られるパターンが多く、ストレートで敗退しました。

WD

髙橋・松友[2] vs POLLI・RAHAYU(インドネシア)[5]

〇髙橋 礼華・松友 美佐紀【タカマツ】[2] 21-19 ●Greysia POLLI・Apriyani RAHAYU(インドネシア)[5]
19-21
21-16

タカマツ(世界ランク3位)はポリーラハユ(世界ランク5位)と対戦。過去9勝2敗と大きく勝ち越している相手に、1時間12分の長期戦の末勝利しました!1,2ゲーム目はお互い点差は付かないもののそれぞれがリードし奪い合いました。そして勝負のファイナルゲームは、体力のあるタカマツペアが優位に試合を進め、勝利しました!

福島・廣田[3] vs LEE・SHIN(韓国)[6]

〇福島 由紀・廣田 彩花【フクヒロ】[3] 21-12 ●LEE So Hee・SHIN Seung Chan(韓国)[6]
21-16

フクヒロ(世界ランク2位)はLEE・SHINペア(世界ランク6位)と対戦。2ゲーム共に優位にゲームを進め、ストレートで勝利しました!

XD

渡辺・東野[3] vs SEO・CHAE(韓国)[7]

渡辺 勇大・東野 有紗【ワタヒガ】[3] 17-21 〇SEO Seung Jae・CHAE Yujung(韓国)[7]
13-21

ワタヒガ(世界ランク3位)はSEO・CHAEペア(世界ランク6位)と対戦。SEO選手の球回し、ゲームメイクを前に得意の攻めるドロップ・スマッシュを打つ展開を作り出せず、ストレートで敗退しました。

金子・松友 vs ZHENG・HUANG(中国)[1]

金子 祐樹・松友 美佐紀【カネマツ】 15-21 〇ZHENG Si Wei・HUANG Ya Qiong(中国)[1]
15-21

カネマツ(世界ランク28位)はXD王者のZHENG・HUANGペアと対戦。隙のないペアを相手に、有利な試合展開を作らせてもらえず、ストレートで敗退しました。

その他注目の試合結果

WS

Carolina Marin(スペイン) vs HE Bing jiao(中国)[7]

〇Carolina Marin(スペイン) 11-21 ●HE Bing jiao(中国)[7]
21-14
21-15

膝の前十字靭帯断裂から復帰してまだ間もないリオ五輪金メダリストマリン選手(世界ランク24位)は世界ランク7位のHE選手と対戦。1ゲーム目はHE選手のペースで試合が進み21-11と先取しましたが、それ以降はマリン選手が早いタッチでHE選手を振り回し点数を重ね勝利!
大けがから復帰して間もないにも関わらず、この重要な中国オープンで準決勝を果たしたマリン選手。東京五輪でも日本勢の脅威となりそうです。

Play Of The Day

※未発表

まとめ

明日は準決勝が行われます!
日本勢は本日敗退した選手が多く、MD, XDの2種目で全滅してしまいました。
残るはMSの桃田選手・WSの髙橋選手・WDのフクヒロ・タカマツの4つです。
桃田選手はリオ五輪金メダリストのチェンロン選手と対戦。高橋選手は前十字靭帯断裂の大怪我から復帰して間もないこちらもリオ五輪金メダリストのマリン選手と対戦。タカマツとフクヒロは同国対決です。
タカマツ vs フクヒロの結果は東京五輪レースにも大きな影響を与えそうな重要な一戦となりそうです!どちらも悔いのないように頑張ってほしいですね!

MDはギデスカ・アッセティ・アルアルと4ペア中3ペアが残っています。本当にMDはインドネシア勢手が付けられなくなってきました・・・。MDはスピード感がすさまじく人気の競技なので日本勢も負けじと頑張ってほしいものですが・・・。

XDはワタヒガ以外4シードがすべて残っています。XDのトップ4の安定感は目を見張るものがありますね。シード選手、世界トップ選手たちが数多く勝ち残っている明日の準決勝!かなり面白い試合が多いのではないでしょうか?明日も楽しみですね!