練習方法 8の字ノック

今回は練習メニューの1つとして、8の字ノックをご紹介します!シャトルがくる場所や動き方は決まっていますが、四隅を動く必要があるので思っている以上にきついと感じるかもしれません💦
主にシングルスに役立つ為の練習です💡🙆

やり方

コートはシングルスコートを使用します。
ネットを挟んで向かい合い、片方にノッカー1人(B)、もう一方に練習者1人(A)入ります。

左図にあるように、ノッカー(B)は①、②、③、④の順に配球します。④の次は再び①に戻り、先ほどの繰り返しです
練習者(A)は上から見て8の字になるように①~④を動いて返球し、一連の流れを繰り返します
打つショットはそれぞれ、①、③がスマッシュ、②、④はプッシュとし、コースは自由とします。
ノッカー(B)は練習者がそれらのショットを打てるような球の高さや速さにうまく調整してあげましょう。

回数は1人20本×2セットで行います。

目的

・フットワーク強化

・体力強化

・実践的な攻撃の練習

注意する点や意識する点

・動くことばかり意識しすぎてラケットワークが雑になりすぎないようにする

・なるべく実践に近いように、ノッカーがシャトルを打ってから動き始める

・動く際には走るのではなくフットワークステップをしながら移動する

・斜め後ろに下がる際、背中を向けずに視界の中に相手(ノッカー)を捉えながら下がるようにする

その他アドバイス

この練習では前後左右への移動が求められますので、1本1本を全力で完璧な体勢で打つことよりも心掛けてほしいことがあります。それは、なるべく無駄な動きを減らし、コンパクトなスウィングをしてすばやく次の動作に移れるようにすることです。
さらに、打った後の重心移動や体勢、足の向き等のちょっとした工夫でも、スムーズな動きにつながることがあります。
例えば、
①の位置でスマッシュを打つ際・・・次はそのまま前へと詰める必要があるので、打った後に少し前方に重心を持っていくようにし、膝を軽く曲げて低い体勢をつくる
②の位置でプッシュを打つ際・・・次は左後ろに下がる必要があるので、打った後に右側に重心が残らないように気を付けると同時に、下図のように両足が斜め左前を向くようにしておく

〈左後ろへの下がり方〉
点線で囲んだ左足を軸にして体を右方向に180度回転させてそのままバックツーステップで下がって足の入れ替えをしながら打つのも良し。
体の向きは最後まで変えずにバックツーステップで下がり、打つ際の足の入れ替えもせずに軽くジャンプして打つのも良し。
2歩分ほどは向きを変えずに下がり、打つ直前に体を右方向に180度回転させて、足の入れ替えをしながら打つのも良し。
後ろへ移動するフットワーク方法やステップにもこのように様々ありますので、それは次回また詳しくご紹介することにします。

慣れてきたら…

打つコースを自由ではなく、例えば、全てストレート全てクロススマッシュはストレートでプッシュはクロス、、などとコースを予め決めてから行ってみましょう!✨
また、ノッカーがシャトルを出すタイミングでその都度「ストレート!」、「クロス!」、「センター!」という風に直前にコースの指定をしてみても面白いかも…?😊😁
さらに難易度を上げたい場合は球を出すテンポを速めてみたり、ネット前の球をより低めに配球してみると良いでしょう👍

実際の試合では、相手がどこに打ってくるかはその時にならないとわかりません。ですから、配球位置が決められている練習は意味がないと思う方もいるかもしれません。ですが、決められた動き方で決められたコースに打つということは、意外と簡単なことではありません。
どこにシャトルがくるか分かっていても、フットワークやラケットワークが安定していないとやはりミスに繋がってしまいます。どんな練習でも、それを生かすか生かさないかは自分の意識次第ということを忘れずに取り組んでみましょう!

Let’s try!!