カナダオープン 2019/7/6(各種目準決勝)の結果 バドミントン

2019-08-28

HSBC BWF World Tour Super 100

本日は各種目準決勝が行われました!

カナダオープン 2019 バドミントン 日程 出場選手
7/2(各種目予選・MS1回戦)
7/3(MS2回戦・その他1回戦)
7/4(MS3回戦・その他2回戦)
7/5(準々決勝)
7/6(準決勝)
7/7(決勝)

日本人選手の結果

MS準決勝

渡邉 航貴

 

●渡邉 航貴 22-20 〇Li Shi Feng(中国)
10-21
11-21

MD準決勝

岡村 洋輝・小野寺 雅之

 

〇岡村 洋輝・小野寺 雅之 14-21 ●松居 圭一郎・竹内 義憲
23-21
21-16

MSでは渡邉 航貴 選手とLI Shi Feng 選手が当たりました。前回の対戦は今年の3月に開催されたフランスのOrleans Masters 2019(HSBC BWF World Tour Super 100)です。この時も同じく準決勝で当たっており、結果はストレート勝利(21-16, 21-19)でした。しかし、今回は3ゲームすべてで序盤から大差を付けられ、1ゲーム目こそ怒涛の追い上げを見せ22-20で奪いますが、2, 3ゲームは大差を埋めることができずに敗退しました。それでもHSBC World Tour Super 100で3位入賞は立派な成績です✨おめでとうございます!

MDでは岡村 洋輝 選手・小野寺 雅之 選手 VS 松居 圭一郎 選手・竹内 義憲 選手が当たりました。準決勝での同国対決を制したのは岡村・小野寺ペアでした!1ゲーム目は終始松居・竹内ペアがリードし続け、先取します。2ゲーム目は大きな差はないものの岡村・小野寺ペアがリードをしますが15-15オールから逆転し、松居・竹内ペアがリードする展開に・・・。そのままマッチポイントを握りますが、そこから岡村・小野寺ペアが逆転!2ゲーム目を取り返します!ファイナルゲームはその流れで岡村・小野寺ペアが試合を優位に進め、決勝進出を決めました!昨日の金子・久保田戦といい今日の松居・竹内戦といい熱いいい試合でした!B代表の力が拮抗していて、高めあっていけるといいですね。

その他の注目の試合結果

XD準決勝

KO Sung Hyun・EOM Hye Won

 

〇KO Sung Hyun・Eom Hye Won(韓国) 21-18 ●Thom Gicquel・Delphine Delrue(フランス)
21-16

世界ランク24位の第2シードであるThom・Delphineペアにストレートで勝利したKO・Eomペア。KO選手は前回リオ五輪の時にMD・XD共に世界ランク1桁にいる、渡辺 勇大 選手のような二刀流選手でした。李龍大(イ・ヨンデ) 選手達と同様、リオ五輪後代表活動から外れていたので、現在のランクは高くないですが、オーストラリアオープンでワタエンペア・ソノカムペアを倒すなど、MD・XD共に今後脅威となる存在になるのは間違いなさそうです。注目の選手ですね!

MD準決勝

Mathias BOE・Mads Conrad-Petersen

 

〇Mathias Boe・Mads Conrad-Petersen(デンマーク) 21-18 ●Lu Ching Yao・Yang Po Han(台湾)
21-16

第3シードのLu・Yangペアをストレートで破った、今年の4月にペアを組み替えたばかりのBoe・Petersenペアも、既にかなりの力を持っていそうです。お互いが別のペアと組み世界ランク1桁にいたプレイヤーなので当然かもしれませんが、東京五輪レースはこのペアからも目が離せません!

試合動画

渡邉 航貴 選手 VS LI Shi Feng 選手

KO Sung Hyun・Eom Hye Won(韓国) VS Thom Gicquel・Delphine Delrue(フランス)

Mathias Boe・Mads Conrad-Petersen(デンマーク) VS Lu Ching Yao・Yang Po Han(台湾)

Court2
動画内の2:45:00頃~岡村 洋輝 選手・小野寺 雅之 選手 VS 松居 圭一郎 選手・竹内 義憲 選手の試合が始まります。