練習方法 半面2対1

2019-08-28

先に半面2対2での練習方法を紹介させていただきましたが、今回はそれに似た半面2対1を紹介します‼️

練習方法 半面2対2はこちら

やり方

コートの縦半面に、ネットを挟んで2対1の配置になります。2人の方は前衛と後衛を固定にします。基本的には2人側が攻撃(アタック)、1人側が守備(レシーブ)をします。攻撃側の後衛はスマッシュやカットスマッシュで攻撃し、前衛は届く球には積極的に触りましょう

時間は3分で、役割や相手を交代しながら各2.3セット行います。応用編はまた後ほど説明します。

目的

・レシーブ力の強化

・レシーブのパターンを増やす

・前衛がスマッシュの返球の対処をできるようにする

・縦の形での攻撃力の強化

・攻撃し続ける体力の強化

注意する点や意識する点

〈攻撃側〉

・後衛は全力スマッシュだけでなく、緩急をつけたり、高さ、角度、コースを変えてみる

・前衛は低めのレシーブや甘いレシーブに積極的に触るようにする

・チャンス球がきたらしっかりとプッシュで決める

〈守備側〉

・低いレシーブをする際は前衛につかまらないよう心がける

・あげる際は甘くならないよう奥まであげる

・あくまで練習なので、あげ続けるだけでなく、ドライブレシーブやショートレシーブ、ハーフに落とすレシーブなど、色々な返球にも挑戦する

・ネット前に球がくることもあるので、足はとめずいつでも前に取りに行けるように準備しておくこと

その他アドバイス

前衛はプッシュで決められればベストですが、速い球やきつい体勢になった時には無理をせず、シャトルを面にしっかり当ててネット前に落とすだけで大丈夫です🙆‍♀️少しジャンプして触るのもOKです。

練習中、前衛がせっかく触ったのに球が浮いてしまった、、💦という状況をよく見かけます。それはラケットの面が上を向いていたり、遅れて体の後ろでシャトルを捉えていることが原因です。シャトルが当たる瞬間は、ラケットの面を少し前に倒して当てましょう。もし頭上で打つ球の反応が遅れてしまった時には、手首を前に倒して角度をつけるようにして打つと、浮かずに相手のコートに返りやすいので是非やってみてください。もしくは遅れたら後衛に任せるという判断をするのも1つの方法です。

前衛の立ち位置はネットのすぐ前ではなくサービスライン付近までさがっていた方が触れる球が多くなります。打つたびにラケットは降ろさず、コンパクトなスイングをして体の正面や顔の位置にラケットの面がくるくらいにキープして構えておきましょう。

また、前衛と後衛の間に落ちるような返球がきた場合には、声を掛け合うことも大切です。どちらが取る方がより良いか考えながら、徐々にペアとのコンビネーション力も高めていきましょう🤝✨

慣れてきたら…

〈攻撃側の応用編〉

攻撃側はカットやドロップも織り交ぜてみましょう。様々なショットをうまく使い分けて相手の体勢を崩すことができれば、甘い返球やチャンス球がもっと増えて、体力も温存させながら効率の良い攻撃ができるはずです。

その次は、さらにクリア(ドリブンクリア)も追加してみましょう。レシーブをする方は、それまでは前方だけ意識していればよかったのですが、クリアが増えることによって後ろにも注意を払わなければならなくなります。どんどん実践的になってきましたね😎

攻撃側は相手をクリアで後ろに下げさせることによって前へのショットも決まりやすくなりますし、逆に前方に意識を集中させて、不意に速いクリアをはさんでみてください。きっとクリアも1つの攻撃の技として充分に効果的であることが実感できると思いますよ😉⭐️

どちらにしろ、なるべく同じフォームで打ち分けられなければあまり意味がありませんので、相手にどのショットを打つかバレないようにする練習にもなります。

〈守備側の応用編〉

浮いた球がきたり甘いヘアピンがきたときには、守備側も果敢に攻めてみましょう。スマッシュをドライブで返球して前につめて相手にプレッシャーをかけるのも良いでしょう。守りから攻めに転じることができるかどうかは実際の試合でとても重要になってきますからね。攻撃側は頑張ってそれを阻止しましょう👍

Let’s try!!