インドネシアオープン 2019/7/19(各種目準々決勝)の結果 バドミントン

HSBC BWF World Tour Super 1000

本日は各種目準々決勝が行われました!

〇日本人選手の結果

WS準々決勝

〇山口 茜 21-17 ●Nitchaon JINDAPOL(タイ)
21-14

山口選手はタイの2番手のJINDAPOL選手と対戦。過去5戦全勝、競る試合はあっても、負けなしと相性のいい相手でした。今回も相手を翻弄しストレートで勝利!準決勝に駒を進めました!

●奥原 希望 21-14 〇PUSARLA V. Sindhu(インド)
21-7

奥原選手(世界ランク2位)は、インドのSindhu選手(世界ランク5位)と対戦。過去の戦績は7勝7敗ですが世界選手権や全英オープン、ワールドツアーファイナル、リオ五輪とここ一番の大会では負けている因縁の相手と対決。予想に反して試合はかなり一方的な展開でした。Sindhu選手のスマッシュが強烈でしたね。ノータッチも多くありました。いつもよりSindhu選手を動かせてなかった印象ですね。奥原選手の魅力である粘り強さ、相手を動かしてミスを誘うプレーがあまり発揮されていなくて残念でした。次頑張ってほしいですね。

MD準々決勝

〇保木 卓朗・小林 優吾(ホキコバペア) 21-19 ●Fajar ALFIAN・Muhammad Rian ARDIANTO(インドネシア)
21-12

ホキコバペア(世界ランク15位)はALFIAN・ARDIANTO(同7位)のインドネシア3番手のペアと対戦。3番手で世界ランク7位とは・・・インドネシアは凄いですね。相手のホーム(インドネシアはバドミントンが国技であるため応援がすごい)ということもあり、不利かと思われましたが、相手にリードを許すこともほとんどなく、ストレート勝利!実力はあるものの、組み合わせに恵まれず(序盤で先輩のソノカムペアと当たることが多々あり)苦しんでいましたが準決勝進出です!

●遠藤 大由・渡辺 勇大(ワタエンペア) 15-21 〇Mohammad AHSAN・Hendra SETIAWAN(インドネシア)
21-9
20-22

ワタエンペア(世界ランク6位)はAHSAN・SETIAWANペア(世界ランク4位)のペアと対戦。熱い、熱い試合でした!1ゲーム目は序盤からAHSAN・SETIAWANの攻撃に苦しめられます。基本的にはAHSANが後衛、SETIAWANが前衛の形が多いのですが、このペアはそれが逆になっても強いところが魅力的ですね。今のワタエンペアのレシーブを打ち破れるペアはなかなかいないと思います。一度追いつくこともありましたが、ペースはAHSAN・SETIAWANが握り続け、落とします。

2ゲーム目はAHSAN・SETIAWANのミスもあり序盤からワタエンペアが大きくリード。体力の消耗を懸念してかAHSAN・SETIAWANペアがおそらく途中でこのゲームを捨て、ワタエンペアの体力を削るために上げて打たせるゲームメイクをし始めます。そしてゲームはファイナルゲームへ。

ファイナルゲームは一転、再びAHSAN・SETIAWANペアが攻勢をかけ始めます。4-6でのロングラリーを落としたところで流れはAHSAN・SETIAWANペアに4-11まで一気に進みチェンジエンドします。この時点で私はほぼ負けたと思いました。5-13の時の渡辺選手のバッククロスカットのスーパープレイもありましたが、差は縮まらず9-17とほぼ絶望的な局面へ。ワタエンペアの並外れたレシーブ力がここから炸裂。ファイナルゲームで目が慣れたのか、相手の疲れも出てきたのか、恐ろしいくらいレシーブし続けます。14-19からの6連続得点で一時は逆転。しかし最後は相手の攻撃に決め切られ20-22で敗北しました。相手のホームでこれほどのプレイをするワタエンペアが来年どうなっているか楽しみで楽しみで仕方ないです!両者ともに素晴らしいプレーでした。

WD準々決勝

〇髙橋 礼華・松友 美佐紀(タカマツペア) 21-17 ●KIM So Yeong・KONG Hee Yong(韓国)
21-9

タカマツペア(世界ランク4位)は韓国のKIM・KONGペア(世界ランク13位)と対戦。東京五輪レース開始前に少し調子を落とし、ランクも少し下がっていたタカマツペアでしたが、安定した試合運びを見せストレート勝利!準決勝進出を決めました。五輪レースの好ポイントを獲得できる大会ではしっかり成績を残すタカマツペアはさすがだなと思いますね。2人で話し合ってコンディションの調整をしているのでしょうか?

●永原 和可那・松本 麻佑(ナガマツペア) 13-21 〇LEE So Hee・SHIN Seung Chan(韓国)
11-21

世界ランク1位のナガマツペアは、同ランク6位のLEE・SHINペアと対戦。世界ランクは上ですが過去の戦績は1勝4敗と苦手としている相手です。今回もストレートで敗北してしましました。世界ランク1位のナガマツペアの天敵ですね。ゲームの内容も、WD最強の攻撃力を誇るナガマツペアの攻撃を安定してレシーブし前にいる永原選手に仕事をさせず、打つときも打ち疲れしている松本選手を狙うところは徹底しているように思えます。この天敵になんとしても勝てるようになりたいですね。

〇福島 由紀・廣田 彩花(フクヒロペア) 12-21 ●米元 小春・田中 志穂(ヨネタナペア)
21-16
21-17

フクヒロペア(世界ランク2位)とヨネタナペア(世界ランク10位)の同国対決となったこの試合。一時期に比べると大きく調子を下げているヨネタナペアですが、フクヒロペアに喰らい付きます。結果はファイナルでフクヒロペアの勝利でしたが、久々に強いヨネタナペアを見た気がします!まだまだ東京五輪レースは始まったばかりなので、これから期待ですね!各国2枠しか獲得できないのが残念で残念で仕方ないですね。

明日は各種目準決勝が行われます!

明日の対戦は山口 茜 選手が世界ランク1位の女帝TAI Tzu Ying 選手、ホキコバペアはワタエンペアに勝利したAHSAN・SETIAWANペア、フクヒロペアは世界ランク3位のJIA・CHENペア、タカマツペアはナガマツペアに勝利したLEE・SHINペアが相手です。さすがにHSBC BWF World Tour Super 1000の準決勝まで来ると相当厳しい相手ばかりですが、頑張ってほしいです。MSは波乱続きでシード選手がほとんど残っていませんが、そのほかの種目はほとんど世界ランクTop10選手しか残っていないので非常にレベルが高く見ごたえがありますね!