フランスオープン 2019/10/22(各種目1回戦)の結果 バドミントン

Yonex French Open 2019

HSBC BWF World Tour Super 750

10/22は1回戦のすべての試合のうちおよそ半数の試合が行われました。
日本の選手は多くが2日目に偏っているため、今日はMDのソノカム、WDのナガマツ・サクタカ、XDのワタヒガ・ゴンクリ・ホキナガの6試合のみ行われました。

Yonex French Open 2019(フランスオープン2019)の日程

日本人選手の試合結果

MD

園田・嘉村[4] vs GOH・TAN(マレーシア)

〇園田 啓悟・嘉村 健士【ソノカム】[4] 11-21 ●GOH V Shem・TAN Wee Kiong(マレーシア)
21-14
21-16

ソノカム(世界ランク4位)はGOH・TANペア(世界ランク10位)と対戦。過去10勝3敗と得意としている相手でした。出だしの1ゲーム目は、様子見なこともあるのか、イマイチ攻撃に繋がらないことも多いソノカムですが、今回も1ゲーム目はレシーブに回る局面も多く、大差で落としました。しかし、ここからノーロブを持ち味としているソノカムらしい速い展開でGOH・TANペアを圧倒し逆転勝利!2回戦進出を決めました!

WD

永原・松本[1] vs BIRCH・SMITH(イングランド)

〇永原 和可那・松本 麻佑【ナガマツ】[1] 21-19 ●Chloe BIRCH・Lauren SMITH(イングランド)
21-16

世界女王ナガマツ(世界ランク1位)はBIRCH・SMITHペア(世界ランク29位)と対戦。1ゲーム目は序盤から差をつけ12-6と一時大きくリードしました。しかし、終盤追い上げられ1点差まで迫られましたが、そこは世界ランク1位。大切なところでは決してポイントを相手に与えず先取。2ゲーム目も12-12から徐々に相手を引き離しストレートで勝利しました!

櫻本・高畑 vs POLII・RAHAYU(インドネシア)[6]

●櫻本 絢子 選手・髙畑 祐紀子【サクタカ】 21-13 〇Greysia POLII・Apriyani RAHAYU(インドネシア)[6]
16-21
16-21

サクタカ(世界ランク17位)はPOLII・RAHAYUペア(世界ランク6位)と対戦。格上の相手に1ゲーム目は大差をつけ、先取しましたが、2, 3ゲーム目は序盤から相手にリードを許しそのリードを保たれ追いつけず、敗退しました。

XD

渡辺・東野[3] vs Alimov・Davletova(ロシア)

〇渡辺 勇大・東野 有紗【ワタヒガ】[3] 21-10 ●Rodion Alimov・Alina Davletova(ロシア)
19-21
21-15

ワタヒガ(世界ランク4位)はALIMOV・DAVLETOVAペア(世界ランク26位)と対戦。1ゲームは1-1から10連続得点で引き離すと、その差を維持し先取しました。2ゲーム目は4-4から5連続失点。15-15で追いつきますが、最後は粘られ落としました。5-8からまたもや10連続得点で15-8とひっくり返し勝負あり。1回戦から苦戦はしましたが2回戦進出を決めました。

権藤・栗原 vs Rivaldy・Mentari(インドネシア)

●権藤 公平・栗原 文音【ゴンクリ】 14-21 〇Rinov Rivaldy・Pitha Haningtyas Mentari(インドネシア)
15-21

ゴンクリ(世界ランク34位)はRIVALDY・MENTARIペア(世界ランク19位)と対戦。2ゲーム共に中盤相手に引き離されストレートで敗退しました。これでゴンクリペアは9大会連続で1回戦敗退。そろそろ1勝あげたいところですね。

金子・松友 vs Faizal・Widjaja(インドネシア)[8]

●金子 祐樹・松友 美佐紀【カネマツ】 15-21 〇Hafiz Faizal・Gloria Emanuelle Widjaja(インドネシア)[8]
17-21

カネマツ(世界ランク23位)はFAIZAL・WIDJAYAペア(世界ランク9位)と対戦。中盤までは一進一退の試合を繰り広げますが、そこから相手のスピードが上がると付いていくことができず引き離されストレートで敗退しました。

その他注目の試合

BOE・PETERSEN(デンマーク) vs ALFIAN・ARDIANTO(インドネシア)[6]

●Fajar ALFIAN・Muhammad Rian ARDIANTO(インドネシア)[6] 12-21 〇Mathias BOE・Mads Conrad-PETERSEN(デンマーク)
16-21

最近、調子を上げてきて世界ランクも5位まで上げてきたALFIAN・ARDIANTOペアBOE・PETERSENペア(世界ランク34位)の対戦。ALFIAN・ARDIANTOペア優勢かと思われましたが、ベテランのBOEがコート奥の左右にロブを綺麗に打ち分け、相手を走らせミスを誘うというプレイに出て、その思惑通りミスを連発。レシーブ力が高いからこそできることですが、インドネシアペアの高い攻撃力を上手く受け流しストレートで勝利しました!

まとめ

大会1日目。今日は6組だけが出場し、3勝3敗でした。明日は残りの1回戦が行われ、日本からは13組登場します!山口選手は高橋選手と初戦から同国対決!怪我からの復調を示せるか注目です!
ガンバレ!バードジャパン!