練習方法 半面アタック

今回は半面で出来る、人数が多い時の練習におすすめのメニューをご紹介します!!✨
どんなレベルの方でも楽しんで行えるという点がこの練習の魅力だと思いますので、皆さん是非やってみて下さい♪

目的

・ミスをなくす

・前に出るフットワークの強化

・コントロールの強化

やり方

まず半面コートに6人程度の人数を割り振り、ノッカー1人、球渡し1人を決める(※後ほど交代して全員がノッカーか球渡しの役をいずれか1回ずつ行ってもらうので、初めは誰が行っても良い)。
残り4人が練習者となり、うち1人がノッカーと向かい合う形でコート内の後方に入る。
残り3人はコート外のすぐ後ろか、コートの後ろのスペースが狭い場合は横に一列になり自分の番を待つ。
(左図だと練習者順番待ちのその他練習者ノッカー球渡し役となる。)

ノッカーは相手コートの後方ハーフネット前の位置に順番に1人3球ずつ球を出す。
練習者は前へと移動しながら出される球をそれぞれ、スマッシュドライブプッシュで返球し、プッシュを打った後はコートのサイドライン側からコート外へとそのまま走り去るように出ていき、コートの後ろ(又は横)についた列の最後尾に並ぶ。
前の人がプッシュを打つ時、次の人はコートの後方に入って準備をしておき、すぐ後にくる球に備える。

ノッカー練習者がプッシュまで終えたら、再びコートの後方へと球を出し、ハーフネット前と順に球を出し、それを繰り返す。

時間は1回3分間で、ノッカー、球渡し役を交代して3セット上記の通りにテンポよく繰り返し行う。

アドバイス

〈ノッカー〉

後方への球は、スマッシュを打てるような高めの球を出すが、奥過ぎたり高すぎる球ではなく、ダブルスのロングサービスのような球で良い

ハーフへの球は、顔の横あたりからシャトルを真横に投げて横から打つようにすると安定しやすい

ネット前への球は、甘くなりすぎないようにする

速いテンポで行う必要があるが、焦ってミスをしたり球が荒れないように気を付ける

〈練習者〉

球の来る場所が決まっているからといって速く動きすぎないよう、球がきてから動くようにする

3球ずつなのでミスをしないように1球1球しっかりと集中して打つ

特にドライブとプッシュは力みすぎないようにコンパクトなスイングを心掛ける

プッシュが難しいと思ったら無理に打ってネットにかけるよりも、ヘアピンなどで丁寧に入れるようにする

慣れてきたら…

★上記の方法ではスマッシュ、ドライブ、プッシュの3球で交代でしたが、もし隣の半面コートが空いている場合、左図のようにプッシュの後にそのまま横に移動して、もう1球プッシュを追加してみても良いです!🙆(スマッシュドライブプッシュプッシュで次の人に交代)

★シャトルの筒や空箱などを、ノッカー側のコートのサイドライン際に設置し、アタックの時に狙いながら行ってみても面白いと思います!!😊コート毎に何球当てることができたか、何球箱の中に入れることができたか、、という風に競ってみても盛り上がりますよ🔥🙌

Let’s try!!