インドネシアオープン 2019/7/17(各種目1回戦)の結果 バドミントン

2019-07-19

HSBC BWF World Tour Super 1000

本日は残りの各種目1回戦が行われました!

〇日本人選手の結果

MS1回戦

●西本 拳太 14-21 〇KIDAMBI Srikanth(インド)
13-21

西本選手(世界ランク10位)はSrikanth選手(世界ランク9位)と対戦。過去の戦績は1勝4敗と分が悪いです。今回の試合でも序盤・中盤からSrikanth選手に差を付けられ苦しい展開になり、ストレートで敗退してしまいました。西本選手はSrikanth選手が苦手なのでしょうか、いつもよりミスも多く、スマッシュ・プッシュで決め切られたり、ノータッチで決められることもありました。これでMS1回戦で桃田選手以外は敗退です。

WS1回戦

●大堀 彩 21-11 〇PUSARLA V. Sindhu(インド)
15-21
15-21

大堀選手(世界ランク21位)はSindhu選手(世界ランク5位)と対戦。1ゲーム目は出だしからSindhu選手を大きく引き離し11点で選手。これまで6回の対戦経験がありますが、ゲームを取れたのはこれが初です。しかし2ゲーム目以降はSindhu選手が本領を発揮し、序盤から離されリードをキープされ敗北しました。

〇髙橋 沙也加 21-18 ●HAN Yue(中国)
21-16

高橋選手(世界ランク17位)はHAN選手(世界ランク12位)と対戦。高橋選手のサウスポーかつ高い位置から打たれるクロスカット、クロススマッシュは強烈ですね。ただ、ミスするのも高橋選手が多く、序盤は高橋選手のミスでリードされる場面も多かったです。

〇奥原 希望 21-13 ●DENG Joy Xuan(香港)
21-17

奥原選手(世界ランク2位)はDENG選手(世界ランク35位)と対戦。DENG選手は高橋選手同様高身長サウスポーで強烈なクロススマッシュやカットを駆使してきますが、奥原選手はさすがというべきか本当によくひろいますね。DENG選手もなかなか決まらずアウトミスが多かったです。

MD1回戦

〇遠藤 大由・渡辺 勇大(ワタエンペア) 17-21 ●ONG Yew Sin・TEO Ee Yi(マレーシア)
21-15
21-16

ワタエンペア(世界ランク6位)はマレーシアの2番手ペアONG・TEOペアと対戦。1ゲーム目は3-3からイージーミスで3-6となったその3点差がなかなか詰めれず、17-21で失います。2ゲーム目は序盤から大差を付けそのリードを守り取り返します。ファイナルゲームは最大でも2点差までしか広がらない手に汗を握る展開のまま14-14まで進みます。動画の1:04:30頃からの1分近いラリーがこの試合のキーポイントでした。このラリーでほぼずっとワタエンペアは相手のスマッシュなど攻撃を防ぎ続けます。ほぼ1分間ずっとレシーブしていました。逆にONG・TEOペアは1分間打ち続けでした(ファイナルゲームの終盤でです)。結局このラリーではONG・TEOペアがポイントしますが、打ち疲れか急失速。15-16から6連続ポイントでワタエンペアが勝利しました。ワタエンペアのレシーブ力・・・恐るべしです。

〇保木 卓朗・小林 優吾(ホキコバペア) 21-9 ●Jason Anthony HO-SHUE・Nyl YAKURA(カナダ)
21-12

ホキコバペアはカナダペア相手に圧勝でした。

〇園田 啓悟・嘉村 健士(ソノカムペア) 17-21 ●GOH V Shem・TAN Wee Kiong(マレーシア)
21-19
21-14

世界ランク3位のソノカムペアは、同12位のマレーシアの一番手ペアと対決。1ゲーム目は終始相手リードのまま落とします。2ゲーム目の中盤までも調子が上がらず、GOH・TANペアにリードを許しますが、終盤調子を取り戻したのか一気に逆転し、その流れのままファイナルは終始リードを保ち、勝利しました!明日はホキコバ対ソノカムのトナミ対決です!2回戦で同国の同チームで当たるとは・・・勿体ないです。

WD1回戦

〇米元 小春・田中 志穂(ヨネタナペア) 21-17 ●HSU Ya Ching・HU Ling Fang(台湾)
21-15

世界ランク10位のヨネタナペアは同ランク37位のHSU・HUペアと対戦。2ゲーム共終始優位にゲームを展開し、力の差を見せつけ勝利しました!

〇福島 由紀・廣田 彩花(フクヒロペア) 13-21 ●Selena PIEK・Cheryl SEINEN(オランダ)
21-11
21-11

フクヒロペアにしては珍しく1ゲーム目は二人ともミスが多く、PIEK・SEINENペア相手に13点で落としますが、2ゲーム目以降は持ち前の攻撃力・レシーブ力を発揮し相手を寄せ付けず勝利しました。やはり大きな大会の1試合目ということで入り方も簡単ではないのでしょうか・・・。

●金子 祐樹・松友 美佐紀 12-21 〇SEO Seung Jae・CHAE Yujung(韓国)
21-17
21-23

金子・松友ペア(世界ランク29位)はSEO・CHAEペア(世界ランク9位)と対戦。1ゲーム目は終始SEO・CHAEペアがリードし先取します。2ゲーム目もおおよそSEO・CHAEペアのペースでしたが、終盤金子・松友ペアが連続得点し逆転。ファイナルゲームにもつれこみます。ファイナルゲームもSEO・CHAEペアのリードで試合が進みますが、なんとか金子・松友ペアも喰らい付きデュースに持ち込みます。20-20での松友選手のショットがライン上に乗ったかどうか動画からは定かではないのですが、アウトと判定されてしまいます・・・。3コートだけはチャレンジシステムが導入されていないのでしょうか・・・。また、二人ともMD, WDが本命だからか、二人で同じ球を追いかけたり、お見合いしたり、本気で練習したら世界トップ10に入れるかもしれないですね。

XD1回戦

●権藤 公平・栗原 文音(ゴンクリペア) 12-21 〇GOH Soon Huat・LAI Shevon Jemie(マレーシア)
8-21

世界ランク24位のゴンクリペアは同11位のGOH・LAIペアと対戦。力の差を見せつけられストレートで敗北しました。これにてXDは1回戦で全滅してしまいました。

〇注目の試合結果

後々載せます。

明日は二回戦が行われます。