USオープン 2019/7/13(各種目準決勝)の結果 バドミントン

HSBC BWF World Tour Super 300

本日は各種目準決勝が行われました!

〇日本人選手の結果

WS 準決勝

●峰 歩美 14-21 〇Wang Zhi Yi(中国)
11-21

WSでは峰選手が先週行われたカナダオープン準優勝のWANG選手と対決。2ゲーム共に序盤からリードを許し、大差を付けられ敗退しました。WANG選手は世界ランクは75位ですが、大会出場数が少ないことによるものなので、今後世界ランクが大きく上昇していきそうです。

MD 準決勝

●岡村 洋輝・小野寺 雅之 21-19 〇Ko Sung Hyun・Shin Baek Cheol(韓国)
20-22
16-21

最初の1ラリー目から物凄いラリーが見られます。ファイナルの末敗れはしますが、Ko・Shinペアにここまでできるというのは、今後の岡村・小野寺ペアに期待ですね!

WD 準決勝

〇志田 千陽・松山 奈未(シダマツペア) 19-21 ●Chen Xiao Fei・Zhang Shu Xian(中国)
21-15
21-14

WDではシダマツペアと中国のChen・Zhangペアが対戦。1ゲーム目の序盤の出だしがあまりよくなく5-11と点差を付けられますが、インターバル後ペースを上げ19-14と逆転します。そこから相手の猛攻と自分たちのミスもあり、7連続失点し落とします。しかし2ゲーム目以降はしっかりと実力の差を見せつけ、相手に一度もリードを許すことなく勝利しました!決勝進出です。

〇注目の試合結果

〇Lee Yang・Wang Chi-Lin(台湾) 16-21 ●Lee Yong Dae・Yoo Yeon Seong(韓国)
21-16
28-26

1時間27分の死闘を制したのは第2シードのLee・Wangペアでした。1ゲーム目はLee・Yooペアが攻め、Lee・Wangペアが守りの展開が多く攻めが効いているように見えます。2ゲーム目はその攻めがあまり効かないことも多く、ミスが増えてしまっています。逆にLee・Wang選手の攻めが効き、ファイナルゲームにもつれ込みます。ファイナルゲームは大きな差は付かず抜きつ抜かれつ試合が進みデュース後も何度もマッチポイントを握る方が替わり、熱い試合展開になりましたが、最後は甘くなったショットをプッシュで決めたLee・Wangペアが勝利しました!どっちが勝ってもおかしくない試合でした。台湾ペアのスマッシュが速いため、スマッシュよりもカット、ドロップが有効打になっていた印象です。緩急・・・大事ですね!